助成金
10秒診断

助成金10秒診断

チャレンジクイズ

これから妊活を始める方、一人で悩んでいる方の力になれたらと、妊活の先輩たちの声を集めました。下記のボタンからカテゴリーごとの声をまとめて見ることができますので、ご活用ください。
協力機関:NPO法人Fine

  • 先輩の顔

    女性・40代

    仕事との両立

    職場の理解を得ながら上司とともに働き方を考え、両立を可能に

    不妊治療については、開始した段階から上司や同僚に伝えていました。
    体外受精を検討の際、病院から突発的で頻繁な通院が必要と説明があり、上司に相談したところ、「業務のことは何とかするから、やってみたらいいよ」と背中を押してくれました。
    私が以前から子どもを望んでいることを伝えていたこともありますが、本当にうれしかったですし、心強かったです。
    自分でも仕事を前倒しで進めるなど工夫をしましたが、上司と私が不在になった時のフォロー体制など、なるべく業務に支障が出ない働き方を一緒に検討しました。
    自分にしかできない業務がある時は治療を諦める周期もありましたが、フレックスタイム制や在宅勤務などの利用により、採卵や胚移植以外の治療は、休まず通院が可能でした。
    また、仕事と治療の両立においては、周囲とのコミュニケーションを大事にしました。
    同僚も治療に理解があり、こちらから話さないかぎりは深くは聞かずにいてくれました。
    結局子どもを授かることはできませんでしたが、仕事のために体外受精をあきらめて後悔することにならなかったことを、本当にありがたく思っています。

  • 先輩の顔

    男性・40代

    仕事との両立

    妻と一緒に仕事と治療の両立できるクリニック選び

    人工授精や体外受精、顕微授精の時には、妻と一緒に朝一番に病院に行き採精し、クリニックから直接出社しました。
    フレックス勤務の制度がなかったので、少し遅れるという事前の連絡を入れたり、就業開始時間が少し遅めだったのでギリギリ間に合うことも多かったです。
    業務も多忙だったので、極力休暇を取らない方向で調整しました。
    例えば、仕事が休みの土日に検査や採卵をしてくださるクリニックはありがたい存在でした。
    精液検査などは仕事が終わってから夜に実施してもらいました。
    男性不妊専門の泌尿器科にも通いましたが、土曜日受診可能なクリニックを妻が探してくれたので休暇取得の必要はありませんでした。
    会社には不妊治療をしていることを公言しておらず、その点でも土日や夜間に診療してくれるクリニックがあり、助かりました。また、クリニックから会社までの移動時間も考慮しながら二人でクリニック選びをし、6年目に妻が妊娠、出産に至りました。
    休みが取れなかったり仕事が多忙だったりしても通いやすいクリニックを話し合いながら一緒に選んでいくプロセスがとても大切だと感じました。